スペシャルイベント

HOME > スペシャルイベント > 「SHOKUNIN pass/path」シンポジウム「Tangible/Intangible – 工芸から覗く未来」

スペシャルイベントの詳細

「SHOKUNIN pass/path」シンポジウム「Tangible/Intangible – 工芸から覗く未来」

京都精華大学 伝統産業イノベーションセンターが工芸を起点に未来の社会像を考えるシンポジウムを開催!

京都精華大学 伝統産業イノベーションセンターは、昨年に引き続き多角的な視点で社会課題を議論するシンポジウム「Tangible/Intangible – 工芸から覗く未来」 (参加無料・要事前申込/会場:京都伝統産業ミュージアム+オンライン配信)を開催します。本イベントは、KYOTO KOUGEI WEEKの一環として、”tangible/intangible” (有形、無形)をテーマに、自然環境やプロダクトデザイン、教育、職人文化など工芸をめぐる事柄について議論します。会場となる京都伝統産業ミュージアムで開催中の特別企画展「SHOKUNIN pass/path」出展作家や、手仕事における流通・販売分野に携わる登壇者を迎えて2部構成で開催。工芸の世界でさまざまな取り組みをおこなう方々とともに伝統的な手仕事を起点として未来の社会像について考えます。

申込:Peatix→https://kkw-symposium.peatix.com/
・参加をご希望の方はPeatixよりお申込ください。
・ご予約にはPeatixアカウント登録が必要です。
※会場参加の方は当日受付カウンターにて予約画面をご提示ください。
※オンラインでも同時配信いたします。オンライン視聴のURLはPeatixよりご予約いただいた参加者様へ開始時間の直前にメールでお知らせします。

登壇者
【第一部】14:00-16:00 「SHOKUNIN pass/path」
中川 周⼠(中川⽊⼯芸・京都精華大学 伝統産業イノベーションセンター特別共同研究員)
⼋⽊ 隆裕(開化堂・京都精華大学 伝統産業イノベーションセンター特別共同研究員)
鞍田崇(明治大学理工学部准教授・京都精華大学 伝統産業イノベーションセンター特別共同研究員)

【第二部】18:00-20:00 「Tangible/Intangible 手仕事にふれること」
日野明子(スタジオ木瓜)
相馬英俊(株式会社 三越伊勢丹)
米原有二(京都精華大学 伝統産業イノベーションセンター)
*その他、登壇者追加の可能性あり

開催期間
開催時間14:00-16:00/18:00-20:00(2部構成)
会場京都伝統産業ミュージアム MOCADギャラリー
+オンライン配信(YouTube)
会場参加事前申込制
定員:各回30名(定員になり次第、締切となります)
参加無料
主催京都精華大学 伝統産業イノベーションセンター
共催「KYOTO KOUGEI WEEK」実行委員会 
協力文化庁、京都府、京都市、京都商工会議所、京都伝統産業ミュージアム
問い合わせdento@kyoto-seika.ac.jp

開催予定のスペシャルイベント

過去開催のスペシャルイベント