HOME > 展覧会(ギャラリー) > 京都手描友禅協同組合作品展 絢爛たる“きもの”の饗宴

展覧会の詳細

京都手描友禅協同組合作品展 絢爛たる“きもの”の饗宴

 生地に華麗多彩な模様を染め上げる京友禅。中でも“手描友禅”は友禅加工の最も古い技法であり,下絵を描いて糊を置き模様を染め分けていく技法です。江戸時代中期(17世紀後半)に京都の扇面職人「宮崎友禅斎」によって大成されたといわれており,今日まで継承される京都の伝統産業の中でも代表的な業種の1つと言えるでしょう。

 今回の企画展では代表的な手描友禅作品である“きもの”を中心として作品の展示を行います。展示は約2週間で入替を行いますので,期間によって様々な作品をお楽しみいただけます。京友禅の“きもの”の華やかさに加え,専門職人の感性や多彩な「匠の技」の奥深さを感じていただければ幸いです。

開催期間
開催時間9:00 ~ 17:00 (入場は16:30まで)
休館日8/21(火)、8/22(水)
開催場所京都伝統産業ふれあい館ギャラリー I
(京都市勧業館みやこめっせ 地下1階西側)
展示内容“きもの”や帯などの 京友禅(手描)作品 約10点
(約2週間ごとに展示入替を行います)
入場料無料
主催京都手描友禅協同組合,(公財)京都伝統産業交流センター,京都市

開催予定の展覧会

現在開催予定の展覧会はございません。

過去開催の展覧会