展覧会(ギャラリー)

HOME > 展示 > 展覧会(ギャラリー)

京都の伝統工芸品の枠を展示する博物館仕様のギャラリーです。テーマを設定した企画展を行い、歴史的価値のある工芸品や、資料的価値の高い美術工芸品を展示しています。

開催中の展覧会

京の木工芸展 生活の中の木のぬくもり

木工芸は、京都が世界に誇る伝統産業の重要な一分野です。その特徴の一つは、技法と種類の豊富さにあります。家具調度品から茶道具類、美術工芸品にいたるまで幅広い技法を駆使して作られています。また、木肌の美しさを生かし、それぞれの樹木の性質にあった工芸品を作りあげてきました。そして何より、京の木工芸を他産地のものと分ける最大の特徴は、千年の都で育まれたすぐれたデザイン性と言われています。

そして、日本の木工芸の伝統技術は大きく六つあります。刳物(くりもの)、挽物(ひきもの)、曲物(まげもの)、彫物(ほりもの)、箍物(たがもの)、指物(さしもの)です。京の木工芸の魅力は、これらの技を複合的に用い、さらには飾り金具や絵付け、蒔絵などの他の伝統産業との連携によって、用にも美にもかなった優れた工芸品を作り出し得ることです。

このような京の木工芸の歴史、技術・技法の高さ、伝統を守りながらも現代生活に適応した作品の事例などを幅広くご紹介することを目的に、この度、ギャラリー展を開催いたします。

開催期間
開催場所京都伝統産業ふれあい館ギャラリー
展示内容木工芸品 約30点
主催京都木工芸協同組合、(公財)京都伝統産業交流センター
共催京都市

開催予定の展覧会

現在開催予定の展覧会はございません。

過去開催の展覧会