お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 【第3報】弊社を装った不審メールに関するお詫びとお願い

【第3報】弊社を装った不審メールに関するお詫びとお願い

2022年3月15日から発生しております「不審メール」に関しまして、関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

システム管理会社の指導のもと引き続き調査を進めた結果、社内の一部のパソコン端末がマルウェア「Emotet(エモテット)」に感染した恐れがあり、弊社社員を装った不審なメール(なりすましメール)が、弊社の使用するサーバーや弊社とは無関係なサーバーより送信されていることを確認いたしました。

当該の端末については、ネットワークから切り離し、端末の初期化を行っております。
また、その他の影響の有無について引き続き調査するとともに、二次的被害や拡散の防止に努めております。

弊社ではコンピュータウイルス対策に取り組み、不審メールのブロックなどを進めてまいりましたが、今回の事象を受け、より一層のセキュリティ強化に取り組んで参りますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


弊社の関係者を騙る不審メールを受信された皆様へのお願い
弊社の社員を名乗るメールを受信し、かつ添付ファイルが付いている場合、メールアドレスをご確認ください。
通常、弊社社員が業務に用いるメールアドレスは「*****@miyakomesse.jp」となります。これ以外のアドレスが使われたお心当たりのない内容のメールにつきましては、開封せずに削除していただきますよう、お願い申し上げます。

【ご参考】「Emotet(エモテット)」の詳細につきましては、警視庁サイバーセキュリティ対策本部 対策担当 発信の以下のサイトをご参照ください。
https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/cyber/joho/emotet.html


京都市勧業館みやこめっせ
京都伝統産業ミュージアム
(指定管理者 株式会社京都産業振興センター)