お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 企画展「工芸のなかのいきものたち」スペシャルクイズの解答について

企画展「工芸のなかのいきものたち」スペシャルクイズの解答について

企画展 「工芸のなかのいきものたち」にて行いましたスペシャルクイズについて、
122名様のご応募をいただきました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

このうち、全問正解者は89名いらっしゃいました。
全問正解者の中から抽選で、素敵な伝統工芸品をお送りいたします(4月下旬)。
(当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。)

以下に問題と解答を発表いたしますのでご確認ください。

第1問「寳來海老 赤・金」は、なんという種類の伝統工芸品でしょうか?
①房・よりひも ②京くみひも ③京人形 ④真田紐 ⑤京菓子
解答「②京くみひも」
第2問 「黒印花勝虫大皿」には何匹のトンボ(勝虫)が描かれているでしょうか?
解答「20」匹
第3問「袋帯 青海雪輪うさぎ文様」には、正面から見て何羽のうさぎが描かれているでしょう?
解答「7」羽
第4問「狛」という名前の作品は、どのような種類の作品でしょうか?
①掛軸 ②額 ③袋帯 ④バッグ
解答「①掛軸」 
第5問コーナーに展示している3点のふろしきは、
全て同じ作家の作品から デザインされています。その作家とは誰でしょうか?
①円山応挙 ②神坂雪佳 ③長沢芦雪 ④伊藤若冲
解答「④伊藤若冲」
第6問 1メートル以上ある丸太は展示場に何点展示されているでしょうか?
解答「2」点
第7問京陶人形を作る工程では、「焼成」のあとに「彩色」を行う。◯か?×か?
解答「◯」
第8問扇子は日本で生まれ、ここ京都がその発祥の地といわれていますが、
つくられはじめたのは何世紀ごろでしょうか?
解答「9」世紀ごろ
第9問 短冊の寸法(長さ)が決められたといわれているのは、いつごろでしょうか?
①平安時代 ②鎌倉時代 ③室町時代 ④安土桃山時代
解答「②鎌倉時代」
第10問 京こまは飾り用で実際に回して遊ぶことはできない。  ◯か?×か? 
 解答「×」
第11問 京七宝が宝石箱やたんすの飾りなどに使われることはない。   ◯か?×か?
 解答「×」
第12問京象嵌(京都の象嵌)の技法として、
中心になっているのは「布目象嵌」である。  ◯か?×か?
 解答「◯」
第13問 木材の種類で「桐」はたんすを作るのに向いている。  ◯か×か?
 解答「◯」
第14問「源氏かおり抄 初音 鬚籠」の籠の中には、竹製の鶯と一緒に 匂い袋が入っています。
その数はいくつでしょうか?
 解答 「2」つ
第15問「干支絵馬飾台」にたくさん飾ってある絵馬には
今年の干支でもある 動物が描かれています。その動物とは何でしょう?
 解答 「戌」(「犬」や「いぬ」でも正解です。)