京都伝統産業ミュージアムとは

HOME > 当館について > 京都伝統産業ミュージアムとは

千年の都・京都で出会う、工芸の新たな世界

千年の歴史のなかで都として栄えた京都では、茶道や華道、能、狂言をはじめとする独自の文化、古くから受け継がれる素材・技術を用いた伝統産業が育まれてきました。 その高い技術・歴史は、京都にとどまらず、広く日本の文化を形づくるうえで重要な役割を担っています。 1977年の開館以来、京都伝統産業ミュージアムでは、京都に息づく産業とその背景の紹介を通して、広く伝統産業の振興に取り組んできました。 2020年のリニューアルを経て、現代のつくり手の活動を紹介する事業をさらに充実させ、つくり手と使い手がともに伝統産業のいまを見つめ、これからを思い描く、自由な交流の場を創出しています。

財団紹介

京都伝統産業ミュージアムの管理・運営は、公益財団法人京都伝統産業交流センターが行っています。

運営概要

設立年月日昭和52年3月29日
基本財産11,000千円
事業内容1.京都市勧業館常設展示場の管理及び運営の受託
2.伝統産業製品の展示及び紹介
3.伝統産業に関する資料の収集、保存、供覧及び提供
4.伝統産業に関する調査及び研究
役員名等
1.理事長
   渡邉 隆夫
2.副理事長 
   田中 雅一
3.専務理事
   早水 督
4.理事
   木村 泰士、森 俊次、佐藤 敬二、長谷川 浩一、雁瀬 博、辻 智之、林 史己、小嶋 俊、草木 大、細辻 伊兵衛
5.監事
   藤井 正昭、松田 聖
6.評議員
   柿野 欽吾、遊部 尋志、井上 奉信、田畑 禎彦、中村 佳之、野瀬 兼治郎、山本 達夫
法人の概要定款(PDF:298KB
運営経営情報令和2年度事業計画(PDF:808KB
令和2年度予算(PDF:169KB
平成31年度事業計画(PDF:987KB
平成31年度予算(PDF:172KB
平成30年度事業報告(PDF:1,084KB
平成30年度決算(PDF:179KB
平成29年度事業報告(PDF:1581KB
平成29年度決算(PDF:313KB
平成28年度事業報告(PDF:579KB
平成28年度決算(PDF:255KB
平成27年度事業報告(PDF:523KB
平成27年度決算(PDF:339KB
平成26年度事業報告(PDF:865KB
平成26年度決算(PDF:257KB
平成25年度事業報告(PDF:1042KB
平成25年度決算(PDF:274KB
平成24年度事業報告(PDF:789KB
平成24年度決算(PDF:268KB